top of page
  • 執筆者の写真株式会社ビジョンクリエイト

マジック・アイ 第98号

このところ、景気のせいで随分と疲れてしまいます。 毎日、毎日、難題が降りかかって来ている気がします。 本当に、日本政府には頑張って有効な対策を打って欲しいと思います。

こんな毎日の中でひょんなことから浮世離れした別世界を垣間見る機会がありました。 それはマジックアイです。 ご存知の方もいらっしゃると思いますが、私はこの年になるまでマジックアイなど全く知りませんでした・・・ アメリカには専門のデザイナーもいるとかで、一体どうやって描き出すのだろうかと思ってしまいました。 恐らく何がしかの条件があって、それを満足すれば完成するのだろうと思います。

さて、マジックアイとは二次元の幾何学的な絵模様を、ある条件に従って眺めていると、突然、三次元の別の世界が浮かんで来るデザイン絵模様のことを指します。 これが何の役に立つかと言いますと、ものを見る焦点が柔軟でなくなって遠近調整が出来なくなっている近視の矯正などに効果があるようなのです。 もっと分かり易く言えば、ある一定の距離にあるものを見ている焦点のまま、それよりもずっと手前にあるマジックアイの絵柄を眺めているとあーら不思議、二次元とは別の三次元の風景や絵柄が見えて来るのです。 最初にその体験をした時は何でこうなるのか、不思議な手品を見ているようでした。 何でこのように見えるのでしょうか?・・・

最初にこれを見た時、何か絵に仕掛けでもあるのかと思い、絵柄の表面を触ってみましたが、何もありませんでした・・・ 今まで経験したことがありませんでしたので、大変不思議な気がしました。江戸時代の人がいきなり蒸気汽船を見たような驚きでです。 それから本屋へ出かけて店員さんに尋ねてみたところ、直ぐに 数冊のマジックアイの本を持って来てくれました。

こんなにもあるのか・・・ 面白い世界だな・・・ でも何でこんな風に見えるのだろうか? こんな疑問がありました。 帰り道、そのマジックアイの本を電車の中で見ながら帰りましたが、なかなかコツが分からず三次元は見えませんでした。

それからも三次元に見えるものもあれば、見えないものもあり、なかなか難しいものだなと思いました。 しかし、徐々にコツのようなあるようで、絵柄やサイズにもより ますが、だいぶスピードアップしてその世界にのめりこむことが出来るようになりました。 パズルを解く感覚で二次元画像が異なる絵柄の立体画像に見えるのです。

妙なことになかなか見えないものも、徐々に分かってきました。 小さいサイズのものはそう簡単には見えず、大きいサイズでも 似たような色や絵柄のものはなかなか正確な正体が見抜けません。この辺が面白い所以でしょうか・・・

さて、そんなマジック・アイを時々眺めては「見えた! 見えた!」といって家の中ではしゃいでいます。 そして、ある時にこんなことを考えついたのです。 それは、人や世の中や世間やものを見る時とマジック・アイには共通点があるのではないかということでした。 遠くをみながら近くを見ると、見えないものが見えて来る、逆に 近くを見ていて遠くを見ても、そのままの焦点では遠くは見えないということです。 つまり、人も会社も同じで、先にこうなりたいと考える姿があり、そこから今を見つめ直すと、何が足りないのか、何をしなければならないのかが見えて来るのではないかということです。 とかく、現在から遠くを見がちですが、それは推測であって、こうなりたい、こうありたいということではないのです。

こう考えると、人の行動や考え方もよく理解出来ます。 現実からだけの人は目標や夢がない人が多く、無から有を描くことが出来ない人が多い。 反対に将来こうなりたいと思う人は、今から何をすべきであるか明確に意識している人もいるということです。 私は後者でありたいと考えています。 将来こうありたいから、今があり、何をすべきかも分かると思うのです。 正に、人生のマジック・アイが見えるか、見えないかが、大事なことに思えたのでした。

皆さんも、マジック・アイをやってみて下さい。 不思議な体験を楽しんでみて下さい。

最新記事

すべて表示

生成AI時代 第274号

最近と言うか、正確には2年も経っていませんが、私達が今まで経験したことの ない驚きが世界中に拡散しました・・・ 例えて表現すると、今から170年前の1853年、嘉永6年に永く鎖国をして いた日本へ、アメリカ東インド艦隊のペリー提督が率いる4隻の黒船が横須賀の 浦賀沖に突如として現れた時くらいの衝撃だと思われることが起きました。 その当時は日本に矢継ぎ早やに開港や貿易取引など不平等契約などを迫まり、

好奇心 第273号

生きている間には誰しも、何かの時に強い好奇心を感じたり、駆られたりすることがあ ると思います。この好奇心は人間には特に強く備わっているようで、他の生物にはない とは言いませんが、人類に備わっている特徴の一つではないでしょうか?・・・ この好奇心こそ、人類が地球上で最も高い知能や文明、繁栄をもたらした正体ではない かと思うのです。この好奇心は星や星座に名前を付けたり、神話を重ねたり、幾何学と いう学

シリコンバレーの思い出 第272号

年令を重ねて来ると、これから先の抱負や希望よりもいつの間にか自然と昔の思い出 を懐かしく思い出す時が増えて来るような気がします・・どうしてそうなるのかは自 分では分かりませんが、脳自体が特に意識しなくても何かの拍子に働き始めるのかも 知れません。それでも自分の意識があるのだろうと思います。 また、脳は新しいことに対しては活発に動くようで、その時にはエネルギーも多く必 要になるようです。昔の思い出な

Comments


bottom of page