top of page
  • 執筆者の写真株式会社ビジョンクリエイト

今日から一日一日を新たに 第40号

コラム原稿を書いています今は、まだ新年には何日かある残り少ない一日です。 賑やかなクリスマスも終わり、いよいよ新年への最後のカウントダウンが始まりました。 例年この頃になると、ごった返す買い物客や車の数が街中に目立つようになります。 特に今年は以前より賑やかになったように実感します。 具体例で言いますと、地下鉄内の吊り広告の内容も従来より明るい印象を受けますし、クリスマス商戦でもオモチャの種類や新しいキャラクターが以前より増えたように思います。 どうやら景気は少し改善されて来たように見えますが、皆さんはどのように思いますか?

景気が改善されつつある2005年に向けての抱負ですが、「今日から一日一日を新たに」。 昨年は公私にわたって大変なことが次々に起こりました・・・ 先のことを考えると眠れない日や胃が痛くなるような日が度々ありましたが、悩めば悩む程、心配すればする程、自分の中で気落ちして自信をなくす自分と、ここで負けて堪るかという強い自分が混在し、結果的に後者の自分が勝ちここまでどうにか来ているように思います。 それでも私は小心者ですから、ちょっとしたことで心配ばかりしてしまいます。 経営者が安心していられるようになることは、ひょっとしたら一生ないのかも知れません。 そんな状況ですから、その場を何とか乗り切った後は体中からエネルギーが抜けてしまいます。 それでも、難題は、容赦なく次から次へと襲って来ます。 それをまた乗り越えなければ、そこで諦めたら、全てがそこで終わってしまいます。 だからこそ、そこでも必死で何とか食い止めようと全力を尽くして闘うしかありません。 昨年はそんな毎日だったと思います。

今年はそんな反省から、少しでも脱却するために大きく前進しなければなりません。 具体的に以下の目標を掲げました。 ● 「利益を出し続けること」 ● 「会社の仕組みを作って行くこと」 ● 「社員が明るくなること」 ● 「プラス思考と和が大事」を継続して実践することです。 どれもこれも当たり前の目標かも知れませんが、当社では出来ていませんでした。 今年は社内研修や技術教育をまずは自分たちの手で始めます。 これらを昇進昇格の条件にも組み入れて行けるように拡充して行く予定です。 その上、「明るい、楽しい会社にする」為に社内イベントもやって行きます。 その根幹になる給与制度も今年から「成果型賃金」へと複数年に渡って改革を実施します。

こんなことが継続して続けば「社内は具体的に良く」なり業績も格段に改善されると思います。 「継続は力なり」。自分が諦めたら全てが終わります。 小さなことも積み重なって行くと大きな力になります。 素晴らしい才能や商才を持った経営者もいらっしゃるでしょうが、私はそうではありません。 地道なことをコツコツと重ね、人よりも一生懸命に働くことしか出来ない人間です。 会社というのはパッと咲いてパッと散るでは多くの人が不幸になります。 人生を共有し、永く勤めたいと願っている社員に対し、会社は永遠に継続出来る存在でなければ なりません。 大事なことは永く継続する企業に成長させて行くことです。 強いから生き残るのではなく、時代の変化に対応するから生き残るのだと思います。 その為には周りで起こっている小さな変化を捉え、小さな事業でもいいですから、チャレンジして手掛けて行くことだと考えています。 この考えは当社の社是そのものにもなっています。

今年一年、365日をどう生きるかをしっかりと自覚し、力のある限り全力を尽くし頑張ります。 来年は「昨年は実に良い一年だった」と言えるようになろうと思います。 是非、皆さんにも幸多かれと心よりお祈り申し上げます。

最新記事

すべて表示

生成AI時代 第274号

最近と言うか、正確には2年も経っていませんが、私達が今まで経験したことの ない驚きが世界中に拡散しました・・・ 例えて表現すると、今から170年前の1853年、嘉永6年に永く鎖国をして いた日本へ、アメリカ東インド艦隊のペリー提督が率いる4隻の黒船が横須賀の 浦賀沖に突如として現れた時くらいの衝撃だと思われることが起きました。 その当時は日本に矢継ぎ早やに開港や貿易取引など不平等契約などを迫まり、

好奇心 第273号

生きている間には誰しも、何かの時に強い好奇心を感じたり、駆られたりすることがあ ると思います。この好奇心は人間には特に強く備わっているようで、他の生物にはない とは言いませんが、人類に備わっている特徴の一つではないでしょうか?・・・ この好奇心こそ、人類が地球上で最も高い知能や文明、繁栄をもたらした正体ではない かと思うのです。この好奇心は星や星座に名前を付けたり、神話を重ねたり、幾何学と いう学

シリコンバレーの思い出 第272号

年令を重ねて来ると、これから先の抱負や希望よりもいつの間にか自然と昔の思い出 を懐かしく思い出す時が増えて来るような気がします・・どうしてそうなるのかは自 分では分かりませんが、脳自体が特に意識しなくても何かの拍子に働き始めるのかも 知れません。それでも自分の意識があるのだろうと思います。 また、脳は新しいことに対しては活発に動くようで、その時にはエネルギーも多く必 要になるようです。昔の思い出な

Comments


bottom of page