top of page
  • 執筆者の写真株式会社ビジョンクリエイト

何だこりゃ?! 第129号

先月、東京タワーの話をしましたが、縁あってこの度、PVRの撮影を行うことになり、先日、その行って来ました。 (PVRが分からない方は本ホームページの取扱い商品ページをご参照下さい)

昼と夜の2回、地上250mの特別展望室の少し上から外の景色を撮影しました。 さすがに、地上250mは圧巻です!! 東京に高いビルが多いとは云いながら、250mの高さのビルはそうはないと思います。 遠くには雪の富士山が見えました・・・ 昼の撮影が終了し、特別展望室へ戻ってきた際に、その信じられない光景は起こりました!・・・

最初は、何がなんだか分からかったのですが、すぐに若い女性が展望室の外側に立っていて窓拭きを手でやっていたのです・・・ 何だこりゃ?!・・・という単純な思いでした。

もう少し詳しく説明しますと、特別展望室の窓は人の背丈より高く、窓が外側に傾斜しているのです。 更に、その窓の外にはかろううじて人が歩ける5,60cmの出っ張りが展望室の周囲にあるだけなのです。 そお女性はそこに出ていて作業をしているのです。 よく見かけるゴンドラなどではありません。 命綱が腰の左右から一本ずつ窓枠の外にあるらしいフックにかけて、その綱が邪魔のようにひたすら普通の掃除のように窓を拭いているのです。 拭いている布すら、その出っ張りにそのまま置いて掃除をしているのです・・・ もう一度云います。彼女の後ろは250mの空なのです・・・

分かりにくいでしょうから、更にもう一度説明しますと、20代前半の華奢で若い女の子が一人、地上250mの高さで黙々と、淡々と空を背にして拭き掃除をしているのです。

これには本当に、ビックリしました。 展望室にいた観光客も、景色よりその女性を信じられないといった感じで見つめていました・・・

私達を案内してくれた東京タワーの社員の話では、彼女は清掃会社の社員で、その女性しかその掃除は出来ないのだそうですと教えてくれました。

幾ら仕事は云いながら、誰彼ともやれる仕事ではありません。 風の強い時もあるでしょうし、暑い日も寒い日もあると思います。 週に1回のペースでその女性は外の掃除をしているとのことでした。

そして、夜、といっても午後5時過ぎには暗いので撮影をし、6時前には終了して、展望室に戻ってくると、何と、朝に掃除していたその女性が、今度は展望室の内側の窓を掃除していました。 偶然にも彼女が近くに来たので、私は思わずこう聞いてしまいました。

「朝、窓の外を掃除しているのを見かけたのですが、怖くはないのですか?」 すると、彼女は怪訝そうにこう答えました。 「ハイ、別に怖くはありません・・・」

「失礼ですが、おいくつですか?」と聞き返すと 「22です・・・」

「何年位、ここでやっているんですか?」と聞くと 「一年ちょっとになります・・・」

これだけの会話でしたが、この女性には高い所での恐怖心というものはないのだなと思うしかありませんでした・・・ 若い男性でも高所恐怖症という人が結構多いのですが、この女性には無縁のように思いました。

東京タワーのはるか向こうにはスカイツリーが見えます。 しかし、東京タワーはその造形美が美しいのです。 地上から真上を見た時の曲線の美しさは、本当に素晴らしいのです。 赤と白のタワーがライトアップされた夜景も、これまた美しいのです。

電波塔という役割は東京スカイツリーに譲り渡して行きますが、美しさという点では東京タワーもなかなかのものだと思います。

東京タワーが完成して早や50年ちょっとが経ちました・・・ 是非、後世の方には生誕100周年を盛大に祝って欲しいと思います。 私達はこの東京タワーに関与することが出来て、本当に嬉しく思います。 東京タワー、万歳!

東京タワーのPVRが公開される日が決まりみたら、読者の皆さんにお知らせ致しますので、その節には是非ともご覧下さい。

最新記事

すべて表示

生成AI時代 第274号

最近と言うか、正確には2年も経っていませんが、私達が今まで経験したことの ない驚きが世界中に拡散しました・・・ 例えて表現すると、今から170年前の1853年、嘉永6年に永く鎖国をして いた日本へ、アメリカ東インド艦隊のペリー提督が率いる4隻の黒船が横須賀の 浦賀沖に突如として現れた時くらいの衝撃だと思われることが起きました。 その当時は日本に矢継ぎ早やに開港や貿易取引など不平等契約などを迫まり、

好奇心 第273号

生きている間には誰しも、何かの時に強い好奇心を感じたり、駆られたりすることがあ ると思います。この好奇心は人間には特に強く備わっているようで、他の生物にはない とは言いませんが、人類に備わっている特徴の一つではないでしょうか?・・・ この好奇心こそ、人類が地球上で最も高い知能や文明、繁栄をもたらした正体ではない かと思うのです。この好奇心は星や星座に名前を付けたり、神話を重ねたり、幾何学と いう学

シリコンバレーの思い出 第272号

年令を重ねて来ると、これから先の抱負や希望よりもいつの間にか自然と昔の思い出 を懐かしく思い出す時が増えて来るような気がします・・どうしてそうなるのかは自 分では分かりませんが、脳自体が特に意識しなくても何かの拍子に働き始めるのかも 知れません。それでも自分の意識があるのだろうと思います。 また、脳は新しいことに対しては活発に動くようで、その時にはエネルギーも多く必 要になるようです。昔の思い出な

Comments


bottom of page