top of page
  • 執筆者の写真株式会社ビジョンクリエイト

韓流あれこれ 

「韓流」という単語をネット辞書を調べてみたら、「韓国大衆文化の流行現象。中国文化圏」を中心とするアジア各国で見られた現象」と記述がありました。 1990年代末に中国語圏で発祥した語だそうだ。

何故、今月はこんな話を先に紹介したかと言いますと、私が今、韓流ドラマの魅力に取りつかれているからです。韓国で流行したTVドラマ番組が中心です。 私は元々、洋画が好きで、高校生の頃は「スクリーン」という雑誌をよく読んでいました。 雑誌の前半部には俳優の写真が掲載されてあり、よく自分で書き写していました。 当時のご贔屓の俳優はリチャード・ウィドマークという悪役中心の名俳優でした。 アクがあって、それでいて一本筋金が通っているそんな役柄が多かったものです。 今でも洋画は観ますが、もっぱらレンタルビデオのお世話になっています。 最近の洋画は娯楽性ばかりが目立つような傾向を感じます。 同じ娯楽性でも韓国ドラマとなると少しばかり趣が異なるようです。

ちなみに、私がこの1週間で観た韓流ドラマのDVDは10本以上です。 ちょっとした病気になっているのかも知れません。 休みの夜中にまとめて旧作で1週間レンタルが中心なのですが、休みにはまとめて何巻も観たりしています。 そこで今、年がいもなく韓流ドラマにはまっている訳です。 一度観ると麻薬のように不思議な力で虜になってしまいます。

ヨン様のドラマは衛星放送で毎週観ていましたし、関連のドラマも予約を駆使して観ました。まるで私は「おばさん」みたいになってしまいました・・・ 私は日本のTVでのドラマは殆ど観ませんが、何故、韓国ドラマが面白いのか考えてみると、以下の理由からではないでしょうか?・・・ 1.話の展開が早く面白い 2.屋外撮影も多く台詞中心と違い飽きがこない 3.日本のドラマのような内面的精神の苦悩シーンが少なく観ていて分かり易い 4.二枚目の俳優さんやきれいな女優さんが多い 5.いながらにして韓国に旅行しているように思う場面も多い 6.シリーズで10巻前後が中心で飽きが来ず、続けて観たいと思わずにいられない。 7.日本の古き良き時代のように年長者へ対する気配りや習慣が残っている。 8.食習慣の違いが良く分かります。

4年前、ソウルへ2泊3日で行ったことがありますが、空港に着いた瞬間から全くの異次元の世界でした。英語圏とは全く違う独特の感覚を憶えました。 漢字はまず見かけないし、ハングルは全く読めないばかりか何かの記号に見え、おまけにお隣なのに歴史も全く知らず、観るもの食べるものについて恥ずかしく思いました。 ドラマを手始めに、日本と韓国が近い国になろうとしているのは良いキッカケだと思います。 私は両国が文化的に近いものを感じますし、DVDでも発音と意味が同じに感じる単語も幾つもありました。 また、飛行機でたったの1時間半でソウルまでの所要時間で、本当に近い国だと思いました。機会があれば再度行ってみたいところです。

さて、話は少し戻りますが、韓流ドラマのテーマは恋愛ものが多く、日本と大きくは差異はないと思いますが、韓国の方が直接的な生き方を強く感じます。 韓国では受験戦争がありますし、学歴社会もあります、それに若い人達には徴兵制度もあります。 こんな社会ですから、日本の若者のように自由気ままな生き方が難しいのかも知れません。 どこかストレートで行動的な面がドラマに出ているのではないかと思います。 日韓ワールドサッカーを機会に親密度を増した両国ですが、経済的な関係だけでなく 文化や音楽面での交流を深めればブームではない、本物の関係が作れると思うのです。

私の卒業した高校の大先輩に薩摩焼で高名な沈寿官当主がいましたが、司馬遼太郎の著作「故郷忘れがたき候」(正式名でないかも?)の主人公になった人です。 母校では韓国人だということで、随分といじめられたそうです。 この当主の10数代前の先祖は豊臣秀吉の朝鮮出兵で出かけた島津藩に連れ去られた陶工達でした。 現在でも鹿児島市内に高麗町という町がありますが、そこは当時の陶工達が住んでいた 土地だったのです。 しかし、余りにも故郷を思い嘆き、毎晩のように泣き続ける姿に藩主も、陶工達の好きな所に住んでよいということになり、鹿児島市よりやや西へ離れた東市来に住居を移し 焼き物を焼き続け今日に至っています。

この物語でも明らかなように日韓の間にはいろいろな不幸があります。 それに日本人は悪いことに対して謝らないところがあります。 特に戦争の場合はそうです。ドイツのように明確に謝りません。 これは良くないことだと思います。 自分達がしたことなのですから謝るのは当然だと私は思います。

たかが韓流ドラマですが、いろいろなことが沢山分かります。 是非、皆さんも一度観てみてください。 そうすると、貴方もきっと病みつきになると思います。 是非、お試し下さい。

最新記事

すべて表示

生成AI時代 第274号

最近と言うか、正確には2年も経っていませんが、私達が今まで経験したことの ない驚きが世界中に拡散しました・・・ 例えて表現すると、今から170年前の1853年、嘉永6年に永く鎖国をして いた日本へ、アメリカ東インド艦隊のペリー提督が率いる4隻の黒船が横須賀の 浦賀沖に突如として現れた時くらいの衝撃だと思われることが起きました。 その当時は日本に矢継ぎ早やに開港や貿易取引など不平等契約などを迫まり、

好奇心 第273号

生きている間には誰しも、何かの時に強い好奇心を感じたり、駆られたりすることがあ ると思います。この好奇心は人間には特に強く備わっているようで、他の生物にはない とは言いませんが、人類に備わっている特徴の一つではないでしょうか?・・・ この好奇心こそ、人類が地球上で最も高い知能や文明、繁栄をもたらした正体ではない かと思うのです。この好奇心は星や星座に名前を付けたり、神話を重ねたり、幾何学と いう学

シリコンバレーの思い出 第272号

年令を重ねて来ると、これから先の抱負や希望よりもいつの間にか自然と昔の思い出 を懐かしく思い出す時が増えて来るような気がします・・どうしてそうなるのかは自 分では分かりませんが、脳自体が特に意識しなくても何かの拍子に働き始めるのかも 知れません。それでも自分の意識があるのだろうと思います。 また、脳は新しいことに対しては活発に動くようで、その時にはエネルギーも多く必 要になるようです。昔の思い出な

Comentários


bottom of page