top of page
  • 執筆者の写真株式会社ビジョンクリエイト

自分の殻 第199号

人にはそれぞれ自分の殻というものがあると思います。 その殻には良い殻もあれば、悪い殻もあります。 特に悪い殻は自分でもなかなか打ち破れない硬い殻で、周囲から幾ら言われてもどうしても 自分で打ち破れないもののようです。 時に、この殻が自分自身を頑なに偏屈にしてしまい、頑固低迷な自分にしてしまいます。 言わば、自分の変化を差し止める頑なな壁になっていることがあります。

先日もそんなことが家庭の中であり、一旦言い出した以上は撤回が出来ない、したくない自 分がいました。 この頑なな感情は本当にいけないものなんだろうかと思うことさえあります。

最新記事

すべて表示

生成AI時代 第274号

最近と言うか、正確には2年も経っていませんが、私達が今まで経験したことの ない驚きが世界中に拡散しました・・・ 例えて表現すると、今から170年前の1853年、嘉永6年に永く鎖国をして いた日本へ、アメリカ東インド艦隊のペリー提督が率いる4隻の黒船が横須賀の 浦賀沖に突如として現れた時くらいの衝撃だと思われることが起きました。 その当時は日本に矢継ぎ早やに開港や貿易取引など不平等契約などを迫まり、

好奇心 第273号

生きている間には誰しも、何かの時に強い好奇心を感じたり、駆られたりすることがあ ると思います。この好奇心は人間には特に強く備わっているようで、他の生物にはない とは言いませんが、人類に備わっている特徴の一つではないでしょうか?・・・ この好奇心こそ、人類が地球上で最も高い知能や文明、繁栄をもたらした正体ではない かと思うのです。この好奇心は星や星座に名前を付けたり、神話を重ねたり、幾何学と いう学

シリコンバレーの思い出 第272号

年令を重ねて来ると、これから先の抱負や希望よりもいつの間にか自然と昔の思い出 を懐かしく思い出す時が増えて来るような気がします・・どうしてそうなるのかは自 分では分かりませんが、脳自体が特に意識しなくても何かの拍子に働き始めるのかも 知れません。それでも自分の意識があるのだろうと思います。 また、脳は新しいことに対しては活発に動くようで、その時にはエネルギーも多く必 要になるようです。昔の思い出な

Comments


bottom of page