top of page
  • 執筆者の写真株式会社ビジョンクリエイト

手帳 第161号

今月は至極あっさりとした話題について、私なりの使い方を紹介したいと思います。 私が使っている手帳はシステム手帳と呼ばれている、中身が取り替えられるもので、穴が上下に 3個ずつ計6個あるものです。 一応、皮製ですが、実はもう14年ほど使い込んでいます。 会社を創業する際に家内から余っていた未使用のものを貰い受けました。

特に、中のページレイアウトこそ何回か変えましたが、今はずっと、開くと月曜から日曜まで記述 できるものを使っています。 そのページの前には年間カレンダーが2004年分から付け足してあります。 逆に、スケジュール表の後にはカラー別のページを4~5種類使い分けしています。 白は経営にヒントになる話や内容を、黄色にはビジネスアイデアを、赤にはいろいろな機密情報を、 青には何か話のネタになること(例えば、本コラムのタイトルなど)を書き綴っています。

また、中身にはいろいろな日程が書かれています。 黒枠で書かれているのが会議や来客や訪問予定です。 それも「来」、「行」、「会」と種類が分かるようにしてあります。 それから一番大切なことが赤色で書かれてあります。 それは何かといいますと、支払い先と金額が書かれてあります。 この習慣はもう13年程は続いていると思います。 大事なことなので赤色なのです。

当社には、小さな小さな支払いでのこだわりがあります。 それは実際の振込日に関することです。

一般的に、大企業様は請求の締め日から1ケ月後に振込みがされます。 中にはかつて締め日から15日後に振込みされる大企業様もありました。 ところが、当社は取引先様から入金して貰った同じ日に、支払いに回すと、途端に資金繰りに影響が 出てしまうことになるので、支払いは少し先にお願いしています。 経営者ではない方には可笑しな話ですが、同じ日に設定すると、事業は拡がっているのに、手元に 現金がなくなって行くのです。 儲かっているのにお金がない!・・・ 安全のために支払いを遅らせている訳です。

でも、当社もいい会社にしたい、少しでも大企業のように早く支払いをしたい、そういう会社になりたい。 こんな思いから期日よりたった一日ですが、早く振り込むことにしています。 このたった一日のことが、とても大切なこだわりになっています。 例えば、うっかりして振込みを忘れていても翌日なら間に合います。 これで助かったことが何度かあります。 人はミスするものなので、安全策を講じているようなものです。 また、支払先には一日前に入金されるので、決して嫌がられることもありませんし、迷惑なことも ありません。

将来はこれが2日、3日、・・・となって1ケ月になれるような会社になりたいと願います。 そこまでたどり着くにはあと何十年かかることでしょうか・・・ 手帳にはそんな想いが込められているのです。 少しずつ業容が大きくなって、一日の中に納まらなくなる日がいつか来ると思います。 それを目指して頑張ろうと思います。

また、手帳の中にはコピーした会社の組織図や親戚への連絡先、会社の年間予定表、東京の地下鉄 路線図、自分が考える良い会社とは・・・の箇条書きもあります。

最後に、お恥ずかしいことですが、私の考える良い会社とはを紹介しておきます。 ・親子2代にわたって働く社員がいる会社 ・定年のない会社 ・潰れない会社 ・先輩社員、後輩社員が隣にいる会社 ・あの会社ならいい会社だと地域で認められる会社 ・失敗よりもチャレンジを褒めてあげる会社 ・外国人社員が普通にいる会社 ・食堂や保育所がある会社 ・自社ビルで働ける会社 ・家族を安心して養える会社 ・社員の持ち家制度を助成してくれる会社 ・年を重ねても若い社員から尊敬される会社 ・正々堂々とした会社 ・世界が市場になる会社

今は大法螺に過ぎませんが、少しでも達成して行きたいです。

最新記事

すべて表示

生成AI時代 第274号

最近と言うか、正確には2年も経っていませんが、私達が今まで経験したことの ない驚きが世界中に拡散しました・・・ 例えて表現すると、今から170年前の1853年、嘉永6年に永く鎖国をして いた日本へ、アメリカ東インド艦隊のペリー提督が率いる4隻の黒船が横須賀の 浦賀沖に突如として現れた時くらいの衝撃だと思われることが起きました。 その当時は日本に矢継ぎ早やに開港や貿易取引など不平等契約などを迫まり、

好奇心 第273号

生きている間には誰しも、何かの時に強い好奇心を感じたり、駆られたりすることがあ ると思います。この好奇心は人間には特に強く備わっているようで、他の生物にはない とは言いませんが、人類に備わっている特徴の一つではないでしょうか?・・・ この好奇心こそ、人類が地球上で最も高い知能や文明、繁栄をもたらした正体ではない かと思うのです。この好奇心は星や星座に名前を付けたり、神話を重ねたり、幾何学と いう学

シリコンバレーの思い出 第272号

年令を重ねて来ると、これから先の抱負や希望よりもいつの間にか自然と昔の思い出 を懐かしく思い出す時が増えて来るような気がします・・どうしてそうなるのかは自 分では分かりませんが、脳自体が特に意識しなくても何かの拍子に働き始めるのかも 知れません。それでも自分の意識があるのだろうと思います。 また、脳は新しいことに対しては活発に動くようで、その時にはエネルギーも多く必 要になるようです。昔の思い出な

Comentários


bottom of page