top of page
  • 執筆者の写真株式会社ビジョンクリエイト

時間 第42号

毎日、少しずつですが、朝の光りが眩しくなってきました。 空の色も、心なしか青色が増してきたように思います。 先日は春一番も吹いて、杉花粉や中国からの黄砂も飛んで来たとか・・・ そんな一日一日が春を呼び込んでいます。 間もなく春がやってきます・・・

さて、早いもので、年が明けてもう3ケ月目です。 あっという間です。 大晦日に雪が降ったことが、つい昨日のように思い出されます。 最近は、一週間があっという間に終わってしまいます。 あれも、これも、やらねばならないのに、思っているだけで何も手が付けられなかったことが度々ありました・・・

そんな時、つくづく、「自分は時間の使い方が下手だなあ」と考え込んでしまいます。 どうしてこうも、いろいろなことが中途半端に終わってしまうのか思い返してみますと、あれも、これも、やらなければいけないということで、あっちをやってはこっちをやり、こっちをやっては別のことをやりといった虫食い状態が実態なのです。

一日は誰にも平等に24時間しかありません。 若いから、年をとっているから、私は25時間あるとか、あの人には30時間あるとか、そんなことは絶対にありません。 ましてや、寿命など誰も知る由がありません。 明日も生きられるかどうか誰にもわかりません。 そんな中で人によって違いが出ます。

それは時間の使い方だと思います。

そもそも時間というものは、誰にでも提供されることが約束されている訳ではありません。 また、自分が人間であることが、時間を抱え込んでしまっているのかも知れません。 たまたま、神様が「君は人間をやりなさい」と言ってくれただけで人間なのかも知れません。 折角、人間をやらせて貰いながら、時間という中で殆ど自分が進歩しない気がしています。 しかし、いつも時間に追われているように思います。 だから、たまには時間を追い越してのんびりしてみたいなあとも思います。 それはきっと私がリタイアをして、好きなことをしている時だと思います。 それはずーとずっと先の先の話です・・・

人間と比べると、自然は実に偉大で壮観です。 道端に咲く小さな草花ですら偉大な存在です。 時計やカレンダーを持っている訳ではないのに、同じ時期に花を咲かせ、人々を喜ばせ、そして花は散ってしまいます。 その次の年も、その次の年も、その次の年も同じ繰り返しです。

しかし、人間はそんなことすらなかなか出来ないものです。 時間という概念は人間が考え出したものです。 人間だけが、過去も将来も、時間という見えない基軸があることを知っています。 しかし、人間はその時間をコントロールすることまでは出来ません。 かのアインシュタインが理論的に時間を遡ることが可能だと言いましたが、今のところ、タイムマシンは完成していません。

時間は目に見えませんし、形もありません。ましてや色や匂いもありません。 ソフトウェアも全く同じ性質です。 人間が他の生き物に比べ優れている才能の一つは、そんな捉えどころのないものを捉えるアイデアと執念と情熱を持っていることなのかも知れません。 これと全く同じで、今は形もないし目にも見えませんが、私の考えている夢も同じなのだと 思います。

目で見えるようにする、形にする、その為には同じようにアイデアや執念と情熱が不可欠なのだと再認識した次第です。 人間として生まれさせて戴き、神様には本当に感謝しております! 頑張ります!

最新記事

すべて表示

初詣 第270号

新年が明けて早々に体調を壊し、結局は初詣にも行けず、中旬になってからや っと遠方にある神社へ参拝して来ました。例年なら近くの神社へ詣でるのです が、今回は奈良県にある葛城一言主神社へお参りして来ました。 この神社は、お願い事は「一つだけ」という神社で、今までにも何回か参拝し ています。気に入っているのは何と言っても田舎の自然の中にあるがままにあ るような佇まいで、私にはとてもいい感じの神社なのです

海雲台 第269号

西暦2024年、和暦で令和6年、干支は辰、うるう年の一年が始まりました。 俗説として大きな出来事が起こる年だと言われているそうですが、永く低迷している日本経済が好転して行くのか、政治が良くなるのか、何が起こるのか想像がつきませんが、少なくとも日本経済が上向いて行くことを期待したいです。 国の基盤は何といっても経済です。先進諸国内で低下しつつある日本経済や各種指数が上向いて行くことを期待したいです。

お母さんのお弁当 第268号

今から話す逸話は嘘の話ではなく本当の話です。その話をどこで聞いたかと言うとラジオ放送で、東京のある高級レストランのオーナーシェフの話でした・・・ 何年か前の放送でもあり、細かい部分までは正確ではないかも知れませんが、少なくとも大筋は今でも憶えている話です。 東京のある高級レストランへ良く食事に来られていた、お金持ちの家の娘さんの話でした。そのレストランは恵比寿か目黒あたりだったでしょうか・・・ 一

bottom of page