top of page

閃き 第145号

閃きとは、「雷光の閃き」ように、「一瞬、するどく光る」という意味らしい。

名経営者と云われた人達には、この閃きの鋭い人が多いと聞きます。

この閃きは「思いつき」とは違います。

思いつきはその場限りの執念の産物ですが、閃きはその問題意識が常に潜在意識の中に日頃からあることが条件なのです。

よって、思いつきで問題が解決する偶然も否定はしませんが、閃きでは問題解決の確率が思いつきより高い。

但し、閃きの難しいのは一瞬にして現われ、一瞬にして通り過ぎることも多いので、余程、意識が強くないと思い出せなくなることである。

直ぐにメモを取ることを薦めます。

同じように問題意識を強く持って街中を歩いていても、閃く人は閃くが、閃かない人は全く閃かない・・・

これは感度の良い人と悪い人の差で、測定できるようなものではありません。

感度の良い人は、常に問題意識への潜在意識が強く働いており、感度の悪い人は問題意識への潜在意識がそれほど強くはないとしか言いようがありません。

だから、小さなヒントを拾うことが出来ない。

ではどうすれば、その感度を良く出来るのか?・・・。

それは、切れなくなった包丁を研ぐことと同じで、その人の感度を研がなければならない。

包丁が自分の潜在意識だとすれば、砥石にあたるのが自分以外の全てということになります。

ものでも良いし、人でも良いし、自然でも良い。

要するに何だっていいのです。

自分以外なら何でもいいのです。

砥石には荒い砥石もあれば、中間の砥石、仕上げの砥石などいろいろありますが、出来れば荒い砥石がいい。

自分の何らかの原因で問題解決が乗り越えられないのだから、仕上げの砥石では

グワッーとした根底からの閃きは期待出来ない。

荒々しい砥石の方がいい。

抽象的な表現ですが、正にこの通りだと思います。

常日頃抱えている問題にはコインように、表と裏、上と下、北と南、プラスとマイナス、右と左、前と後、朝と夜、弱者と強者、笑うと泣く、・・・・・こういった相対する側面があります。

この相対するものが結構、問題解決策に助けになっていることが多いと思います。

例えば、柔道の柔は、「柔よく剛を制す」の柔です。

何が何でも相手を力ずくで倒すのでなく、相手の力を利用して相手を倒します。

正にこの考え方が経営者や人の悩みに効き目があるのです。

押すだけでは相手は怯みませんし妥協も納得もしませんが、引いてみると相手は素直になり、以外にも譲歩してくれたり、最終的に合意すらしてくれることがあります。

閃きもそんなちょっとした心の素直さがある時に見えるのです。

つまり、周囲が良く見えるようになって来ているようです。

見よう、見ようと、力んでも、閃きは見えているような時があっても、実は見えていないのです。

人生は実にうまく創られているようで、その人その人の魂の成長を高めさせるように出来ていると思います。

例えば、こんな言葉があります。

「貧すれば鈍する」

私は更にこう付け加えます。

「貧すれば鈍する。鈍すれば貧する」と。

この言葉は苦労された経営者ならば誰もが納得される言葉です。

訳すと、「お金がなくなると、周囲のことに対して見る目に余裕がなくなり、目先のことばかりに神経が向かってしまい、本来、気付くような良い情報を見逃してしまうことになります。逆に、事業が順調でいい気になっていると、周囲に気付か向かわなくなってしまい、終いにはチャンスや変化を見逃してしまい、やがて損をするような会社になってしまうのです。」

閃きはその人その人が持っている問題点によって答えが異なりますが、その答えの根底は心の有り様から発しているように思います。

結局、そんな誰もが思いつかないアイデアなどではなく、どこまでも素直に問題点を見つめ続け、潜在意識へどれだけの強さでいつも常駐しているのかで決まるのではないでしょうか?・・・

それこそ、松下幸之助氏の言っている「素直」、これに尽きるように思います。

しかも強い気持ちが潜在意識の中にあることも条件です。

よく言われる「寝ても醒めても潜在意識にある」ことが条件です。

ここまで来ると、広い世間でもそんなに大勢の人達はいないように思います。

だからこそ、私は決して夢を諦めることはしません。

夢はいつか、必ず、実現します!

問題にも著面するでしょうし、今以上に苦悩することもあると思います。

しかし、それでも、決して諦めたらダメだと思うのです。

商売や商いには閃きが必要です。

特に、人と違う事をやろうとすると、必ず問題が出て来ます。

そんな時、問題を乗り越えようとすれば必ず苦悩することになります。

その時、寝ても醒めても必死で問題解決を図ろうとすればするほど、ちょっとしたことで閃きが頭に浮かぶのです。

最新記事

すべて表示

生成AI時代 第274号

最近と言うか、正確には2年も経っていませんが、私達が今まで経験したことの ない驚きが世界中へ拡がりました・・・ 例えて表現すると、今から170年前の1853年、嘉永6年に永く鎖国をして いた日本へ、アメリカ東インド艦隊のペリー提督が率いる4隻の黒船が横須賀の 浦賀沖に突如として現れた時くらいの衝撃だと思われることが起きました。 ペリー提督の時は日本へ矢継ぎ早やに開港や貿易取引など、不平等な契約など

好奇心 第273号

生きている間には誰しも、何かの時に強い好奇心を感じたり、駆られたりすることがあ ると思います。この好奇心は人間には特に強く備わっているようで、他の生物にはない とは言いませんが、人類に備わっている特徴の一つではないでしょうか?・・・ この好奇心こそ、人類が地球上で最も高い知能や文明、繁栄をもたらした正体ではない かと思うのです。この好奇心は星や星座に名前を付けたり、神話を重ねたり、幾何学と いう学

シリコンバレーの思い出 第272号

年令を重ねて来ると、これから先の抱負や希望よりもいつの間にか自然と昔の思い出 を懐かしく思い出す時が増えて来るような気がします・・どうしてそうなるのかは自 分では分かりませんが、脳自体が特に意識しなくても何かの拍子に働き始めるのかも 知れません。それでも自分の意識があるのだろうと思います。 また、脳は新しいことに対しては活発に動くようで、その時にはエネルギーも多く必 要になるようです。昔の思い出な

Comments


bottom of page