top of page
  • 執筆者の写真株式会社ビジョンクリエイト

vol.146 -「ウェブページ全体をスクリーンショット FireShot」


仕事でウェブページ全体のスクリーンショットを何枚も撮ることはありませんか?撮りたいウェブページが1画面に収まっていればOS標準の機能やツールで簡単に撮ることができますが、スクロールで縦に長いページは容易ではありません。

そこで今回は、無料で利用できるGoogle Chromeの拡張機能「FireShot」をご紹介したいと思います。


■FireShotでできること

FireShotは簡単な操作でウェブページ全体のスクリーンショットを撮ることができます。撮影したスクリーンショットはPDF / JPEG / PNGファイルで保存したり、クリップボードにコピーすることが可能です。オフラインのウェブページでも使うことができます。


■FireShotの導入方法

1. Google Chromeに下記のURLを入力しサイトを開きます。


2. 「Chromeに追加」をクリックします。


3. 確認メッセージが表示されますので、「拡張機能を追加」をクリックします。


4. インストールされたら、FireShotを簡単に呼び出せるよう、画面右上にある「雲のようなアイコン」→「Fireshotの固定ピンのアイコン」の順をクリックします。


5. 画面右上にブルーの「S」のアイコン(Fireshotアイコン)が出てきます。このアイコンをクリックするとFireshotの機能が使えます。


■FireShotの使い方

それでは、ウェブページ全体のスクリーンショットを撮影してみましょう。


1. 撮影したいウェブページを開いたらFireshotアイコンをクリックし、「ページ全体をキャプチャ」をクリックします。


2. 全体のキャプチャが終わったら以下のような画面が表示されます。今回は画像(png形式)で保存してみたいと思いますので、「画像として保存」をクリックします。


3. 保存先を選択して「保存」をクリックすると、キャプチャしたウェブページ全体の画像が保存されます。


このように手間をかけず、簡単にウェブページ全体のスクリーンショットを得ることができました。


Fireshotには他にも次のような機能があります。

  • スクロールした範囲などウェブページの指定部分をキャプチャ

  • すべてのタブをワンクリックでキャプチャして単一のPDFに保存

  • スクリーンショットの編集:トリミング、リサイズ、テキストの追加、ぼかしなどのエフェクトを適用

  • スクリーンショットをPDFファイルに保存 ✓PDF、PNG、GIF、JPEG、BMPとしてキャプチャを保存

  • Twitter、Google Picasa、Facebook、ImageShack、Flickr、EasyCapturesにアップロード

  • スクリーンショットを印刷

  • メールに直接添付

  • 外部エディターにエクスポート ...など

気になった方は是非使ってみてください。


最新記事

すべて表示

vol.150 -「新人プログラマー必見!プログラムを効率的に書く方法」

皆さんはプログラムを書くときに、いきなりコードから書き始めていないでしょうか。そういう私もプログラムを学び始めた頃はそうでした。「とりあえずコードを書いてみよう」と書き始めますが、だんだんと自分が何を作ろうとしているのかわからなくなり、やっと出来上がったコードは無駄な処理やバグも多く、とてもスマートと言えるものではありませんでした。例えるなら、目的地を聞いただけで家を飛び出し、散々迷子になってボロ

vol.149 -「AIはプログラマーの仕事を奪うのか?」

近年、AIの発展に伴い、様々な仕事がAIによって変化しています。例えば、ヘルプデスクの一部の業務がチャットボットに置き換わり、人員の削減や配置転換などがおきています。 また、ChatGPTなど自然言語での指示に対してプログラム等を出力できるAIサービスの登場により、AIがプログラマーの仕事を奪うのではないかという懸念が浮上しています。 確かに「python3で○○するコードを書いて」と指示すると、

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page